ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

彼女を見ればわかること

彼女を見ればわかること
(「THINGS YOU CAN TELL JUST BY LOOKING AT HER」(2000 米 110分)
監督:ロドリゴ・ガルシア
出演:グレン・クローズ、キャリスタ・フロックハート
ホリー・ハンター、キャメロン・ディアス、キャシー・ベイカー他

なんとなくタイトルで借りてみたら、意外にも豪華なキャストにビックリ!

誰もが何処かですれ違ってて、でもそれが必ずしも接点とは限らなくて・・・

内容的に全てを理解するのは難しかったな。

☆は2つ半ってトコ?

**********************
☆ストーリー
LA郊外に暮らす女性たち、老母を介護する女医・エレイン(クローズ)
不倫中の銀行支店長・レベッカ(ハンター)
ひとり息子に愛情を注ぐシングルマザー・ローズ(ベイカー)
不治の病に侵された恋人を持つ占い師・クリスティーン(フロックハート)
盲目の妹(ディアス)をもつ女刑事(ブレナマン)らの
人生の転機を描いたオムニバスストーリー。

☆ネタバレ

オムニバスにしても冒頭のシーンからわかんなかった。

エレインがクリスティーンに占いを依頼し
レベッカはエレインによって中絶手術を受け
レベッカの部下であるウォルターとクリスティーンは隣人
キャシーの妹で盲目のキャロルはウォルターの盲目の娘の家庭教師
ローズの向かいに越してきてた小人症のアルバートは
キャシーが捜査を依頼する病院の事務

どっかしら誰かが繋がってたりするんだけどさ。
なんか皆、粋がってる感じで素直じゃないんじゃないのぉ?

この中では、ローズがいちばん素直だと思うんだけど
息子が「一度寝ただけ」って女との関係を告白して
ビビリながらも「コンドーム使った?」ってのも
物わかりいい親を演じてるようで、ある意味で嫌味に感じたし

キャロルは盲目を武器に姉を縛り付けてるから
ウォルターに捨てられてとゆーか、娘にもイロイロ言われてさ
それなりに傷付いたのか?あのラストは。

レベッカはキャラ的には好き。
美しい女の裸体はある種の芸術だな。
でもなんであんな男といるのかが理解不能。
現実でも、出来た女ほどバカな男と一緒にいたりするもんだけどさ。

クリスティーンの逸話は必要だったんかな?

あー、おバカなアタシには全然わかんない。
こぉゆぅ群像劇はアタリハズレがあるなぁ ( ´Д`)
  1. :エイガ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。