ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

イルマーレ

20061005193520.jpg
『イルマーレ』(『THE LAKE HOUSE』98分・米・2006)
監督:アレハンドロ・アグレスティ
出演:キアヌ・リーヴス、サンドラ・ブロック他

リメイクとかオリジナルって、意図的に選んで観たことなくて
特に見比べたって記憶も、過去にあんまナイなぁ。

この作品は、こっちを観ようと思ってたら
連動するかのように、CSでオリジナルがやってたから
たまたま連続して観る機会に恵まれて、それはそれで楽しいかとw

設定が同じところも多々あるけど、別モノとして観るのがいいね。

ただ、語るときにややこしいから
こっちは、原題にしとけば良かったのになぁ。

エンディングはオリジナルのほうが好みだったし
☆は3つが妥当だと。

☆ストーリー
湖畔のガラス張りの一軒家に住む女医のケイト(ブロック)は
シカゴの病院に着任し、愛着のあるこの家から引っ越すことに。
彼女は次の住人に手紙の転送を頼もうと、ポストにメッセージを残す。
建築家のアレックス(リーブス)は、家族の思い出が詰まった
湖の家に引っ越し、ポストにケイトからの手紙を発見するが
この家は長いこと空き家だったので、不思議に思い・・・

☆ネタバレ
オリジナルが【幻想美】、リメイクが【現実美】という感じで
映像はどちらもいい勝負で、美しひ。

ガラス張りの家はともかく
ケイトが医者っつーのは、堅実な設定だよね?
アニメ声優よりはw

こっちは、冒頭からあんなシーンなんだもん。
オリジナルを観てる身としては、より先が読めてまう。

2004年3月4日は季節はずれの吹雪。
―って、あの吹雪はわざとらしすぎダロ?
ハリウッド映画なのにぃ。

ちゃんとポストのフラッグが立ったりするのがアメリカらしい。
裏を返せば、それでちゃんと相手に届いたか否かがわかるのが好都合w

過去と現在の接触が多すぎて、タイムパラドックスが心配になるが
オリジナルより、かなりロマンティックな作風に仕上がってる。

痴話喧嘩してるとこからもわかるように、さらに台詞でもあるように
(「2つの心は似ているけど、結ばれない」)
リメイクのほうが、男と女の性格の相違が少ない。

息子と父親の確執は、本作のが伝わりやすくても
アレックスの弟や、ケイトの母を出したことで
個人的には、話が理解しにくいように感じられたよ。

モーガンの存在は、思いっきり不要だった気がするし。

純愛テイストは悪くないけど、ご都合主義が目立つかな。
それと、キアヌってば老けたねぇ。
  1. :エイガ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。