ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

ワールド・トレード・センター

WTC.jpg
ワールド・トレード・センター』(「WORLD TRADE CENTER」129分・米・2006)
監督:オリヴァー・ストーン
出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール
マリア・ベロ、スティーヴン・ドーフ、ジェイ・ヘルナンデス他

下界からは、遥か上空。
110階建てのビルに、突き刺さった機体。

まだ情報も不十分で
それが自家用機かのように倒錯してる警官もいる。

何が起こっているか、確かなことはわからないけれど
とてつもなく悲惨な事態が起こっていることだけは
誰に聞かなくとも、容易に想像が出来る。

避難する人間も、負傷と憔悴は隠せないのを目の当たりにしながら
そんな現場に、真の勇気で立ち向かった者たちの物語
・・・ではなく、事実・・・のハズで、実際そうではあるんだけど・・・

☆は、2つ。
アタシが固定観念に固執してるせいかも。

☆ストーリー
2001年9月11日の早朝。
いつものように署へと向かうジョン・マクローリン巡査部長(ケイジ)。
彼は署に着くと、いつものように部下たちを現場へと送り出す。
ところが間もなく、世界貿易センタービルの北棟に
旅客機が激突する大惨事が発生し、港湾警察官たちに緊急招集が。
すぐさまマクローリンら救助チームが、現場へと急行する。
しかし、彼らがビルに潜入した直後にビル全体が崩れ始め・・・

☆ネタバレ
救助班が救出に突入し、自分たちもが倒壊したビル瓦礫の下敷きに。

400人の救助班の半数が行方不明だと家族に知らされ
そこで様々な絆が試されるという感じ。

いくら悲痛な叫びと、現実のニュースを織り交ぜてみても
結局は、大災害からの救出劇に成り下がっちゃってるんだよなぁ。

これじゃ状況を911に置かなくとも、表現出来る世界じゃないか。

あの日―2001年9月11日。

93便に乗り合わせた乗客と家族
貿易センターに居合わせた人間と家族
マンハッタンの住人や観光者
もちろん、全世界のTVの前でそれを目撃しただけの我々さえにも

一言では言い表せない惨劇だったのは事実で
忘れてはいけないし、忘れられてはいけない史実だと思う。

ただ、こういう表し方・残し方で良かったのか
テロについて、米国の在り方について、少しも触れずに
911を語って良いのかが、個人的には疑問なのだよ。うん。

1人が助かったときに、既に何人が命を落としてるか・・・
  1. :エイガ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。