ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

モルヒネ

常日頃からに<何かを生み出す人仕事をしている人>全般に
いたく感服しているアタシなのだが
最近は<言葉を生み出す仕事をしている人>に
ただただ、もう思考を支配されているとしか言いようがない。

作家では山田詠美や原田宗典が好きである。

山田詠美はコケティッシュな文体、キュートな文体
クールな文体、クレイジーな文体、いずれにおいても
アタシの感性を鷲づかみにして離さない。

しばらく読書らしい読書をしていなかったので
作品的には新しいものではないのだが
いま『姫君』なる短編集を読んでいる。

その猫の目のようにクルクルと変化に富んだ作品に
言葉のセンスというモノを感じずにはいられないのである。

原田宗典も文章がコロコロとしている点では一緒。

だいたいにおいて小説とエッセイでは
その作者から垣間見られる表情が異なって然りだが

彼の場合はその境目が思いきり別人であり
エッセイの彼なりの文章やら話題の技法には
何故か魅力は感じないアタシであった。

それも不思議なモノである。

あとは『アイーダ アイダ』作詞の日暮真三。
彼はコピーライターで数多くの「おかいつ」ソングも手がけているらしい。

『アイーダ~』も言葉の選び方が斬新だが
『ふしぎなあのこはすてきなこのこ』など言われてみれば
「あれ?」と耳を傾けた歌はやはり日暮真三が作詞していたりする。

おっと。椎名林檎も外せない。
林檎論はいずれ別記したい。

その言葉たちから発せられるパルスと
アタシの心の周波数が合致しているのだろうか。

<以心伝心>ともいう。日本人らしい考え方だと思う。
それでも、アタシは「気持ちは言葉にしなければ伝わらない」と考える。

うまく伝わらなくてもいい。
きっとそれがどこかでキャッチされ、受けた人の養分となる。
  1. :シュミ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。