ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

マン・オン・ザ・ムーン

『マン・オン・ザ・ムーン』
(「MAN ON THE MOON」1999 米 113分)
監督:ミロス・フォアマン
出演:ジム・キャリー、ダニー・デヴィート
コートニー・ラヴ、ポール・ジアマッティ他

作品を全く観てないとは言わないけど
じつはJ・キャリーのオーバーな演技は生理的に苦手なの。

んで、アンディ・カウフマンもモチロン知らなくて
作品を観る限り、その芸風はやっぱり生理的に苦手。
それも、ものすんごく。

複雑な人間って、確かに世の中には多く存在するんだと思うけど
あんな理解しがたい人物が、大腕振って闊歩してる図を想像すると
アタシだったら怖くて、笑えないよ。

☆は、1/2つ。

**********************
☆ストーリー
売れないコメディアンとして、ライブハウスを転々としていた
カウフマン(キャリー)にある日チャンスが訪れる。
やがて人気者となった彼は、その成功とは裏腹に自虐的になってゆく。

☆ネタバレ
確かに笑いのツボは、個人によって違うけど
カフマンの破壊的な行動は、全くアタシには意味不明。

そんな彼を取り巻く仲間は素敵なのに。

D・デヴィートは渋くなったよね。
コメディでも脇に徹して、でも存在感がある。

C・ラヴは、めっずらしくフェロモンをグッと押さえて
あくまでもキュートに演じてるんだけどさぁ
そんないつもの彼女目当てで観賞したのに、ちと残念 (((´・ω・`)

あぁ、そういえばあんなインチキ手術ってのが
話題になったときもあったよねぇ。

もうラストも何だかわかんない。
アタシに作品の意図を理解する能力がないだけ???
  1. :エイガ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。