ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

リクルート

『リクルート』
(「THE RECRUIT」2003 米 115分)
監督:ロジャー・ドナルドソン
出演:アル・パチーノ、コリン・ファレル、ブリジット・モイナハン他

ずんちゃか一気に観られました。(どんな表現だ!?)

終盤は、結構メチャメチャなコトになってましたけど
所詮、CIAなど未知の世界ですから
「そんなもんなのかい?」で済むし。

そもそも、フィクションだもんねぇ。

一転・二転の複雑さが面白くて、テンポも良いので、☆4つ半。

**********************
☆ストーリー
マサチューセッツ工科大学の学生ジェイムズ・クレイトン(ファレル)は
その優秀さから、卒業後の進路もエリート街道を約束されていた。
彼はある日、バイト先でウォルター・バーク(パチーノ)に出会う。
バークはCIAのベテラン教官で採用担当者で、ジェイムズの情報を調べ
その能力を見込んでスカウトするために訪れてきたのだった。

☆ネタバレ
だから、なんで「黙ってても応募者が耐えない」状況下で
彼に白羽の矢が立ったかってのは、やっぱ謎の死を遂げた
ジェイムズの父に関連はあったんでしょ?

観てる間に、どこまでがテストなのかわかんなくなるけど
ひねくれ屋なんで「どーせ、これもテストでしょ」くらいに
考えながら、全部観てた。

冒頭から怪しげなバーク。
中盤からもう個人的に最重要人物決定。

それでも、A・パチーノの渋い演技は好きなのだけど
こーゆー役演ると、必ず最後に全部自白しちゃうの。
演技で魅せる感じでは、なくなっちゃうのが残念。

ジェイムズは一人空回りだけど、役柄的には美味しいよね。
スカウトされ、優秀扱いされて、ファーム追い出されたものの
バークに買われて、それが…だったとしても、最後はああだもん。

仮にCIAがNGだって、デルがあるしさ。

「何も信じるな」ってのは
CIAに入る=人間を辞めるコトなんぢゃないの?

殉職しても名前も残せないんだよ。★だよ。

あぁ、更にCIAといふ組織が怖くなりますた ((( ;゚Д゚)))
  1. :エイガ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。