ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

恋は邪魔者

恋は邪魔者
(「DOWN WITH LOVE」2003 米 101分)
監督:ペイトン・リード
出演:レニー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー
デヴィッド・ハイド・ピアース、サラ・ポールソン他

『シカゴ』R・ゼルウィガーと『ムーラン・ルージュ』のE・マクレガー共演だけあって
若干のミュージカル要素も含まれている感じ。

60年代風のカルチャーやファッションがキュートで
『奥様は魔女』とか、その辺を思い出させる雰囲気。

笑いがいささか品がない部分もあるけど
全体的にはテンポ良く、そこそこ楽しめました。

☆は、3つ。

***********************
☆ストーリー
1962年のニューヨーク。
新進の女流作家バーバラ・ノヴァク(ゼルウィガー)は
女性解放を謳った自著『恋は邪魔者』を出版するためこの街へとやって来た。
出版社の重役は興味を示さなかったが、見事、この本は爆発的にヒットし
世の女性はバーバラの主張に感化され、あおりを受けたのが
男性誌で原稿を書くプレイボーイのキャッチャー・ブロック(マクレガー)。
彼はいまや女性の敵として冷たい仕打ちにあってしまい、怒ったキャッチャーは
バーバラの主張が間違いだと証明するため、身分を偽り彼女に近づくが…

☆ネタバレ
一躍ベストセラー作家となったバーバラを落とし入れようと
姑息な手を使うキャッチャー。元はオマエが悪いんだっつの!

けど、ジップに扮してるときの垢抜けないイメージがハマってて
意外にも、そんなE・マクレガーにちょっとばかりキュン (゚ー゚*)

そこまでやる!?って笑い系は、イマイチだったけど
2人のデートシーンが、年代を感じさせて良かったなぁ。

R・ゼルウィガーはさ、どんな役演じても同じに見えちゃう。
B・ジョーンズのイメージが強くなちゃったせいかしらん?

全体的にファッションがキュート。

駆け引きにも裏があって、ほぉ~って感心したけど
さすが、どちらも強者です。

ただクスッって気軽に観賞したい人には、適当な作品だね。
  1. :エイガ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。