ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

グッバイ・レーニン!

『グッバイ・レーニン!』(「GOOD BYE, LENIN!」2003 独 121分)
監督:ヴォルフガング・ベッカー
出演:ダニエル・ブリュール、カトリーン・ザース、マリア・シモン、チュルパン・ハマートヴァ他

東西ドイツの統一。すんごいデモだったよな。
壁を崩壊する人々の映像も、いまだ忘れられない。
歴史が変わった瞬間だもんね。

社会主義国って、なんでああなんだ?
共産って全員が平等?君主だけが立派?
不満があるから抗議が起きて、暴動になると思うんだけど

なんでドイツに出来て、北朝鮮に出来ないんだろ?
アタシはバカなので、全く理解出来ましぇん。

そこを重々しく描いてないのが好感。
アレックスの過剰対策に笑い。

☆は4つ。

☆ストーリー
1989年、東ベルリン。
テレビ修理店に勤める青年アレックス(ブリュール)。
彼の父は10年前に家族を捨て、西側に亡命した。
一方、母クリスティアーネ(ザース)は、その反動から愛国心を強めていく。
そんなある日、秘かに反体制の考えを持っていた息子が反社会主義デモに参加。
その結果、警察との衝突を偶然目撃した母はショックで心臓発作を起こし
昏睡状態に陥っている間にベルリンの壁が崩壊、統一ドイツは資本主義国家へ。
やがて8ヶ月後、母は奇跡的に覚醒するのだが…

☆ネタバレ
意外とコメディ要素も含まれていて、なかなかでした。

激動の1989~のドイツの状態も知らず、意識不明の母。
やっと目を覚ましたものの、もとが心臓発作だけにショックを与えまいと
あそこまで徹底するアレックスはスゴイかも。

部屋を東風に戻すだけかと思いきや、その凝りようったら
空き瓶を煮沸して再利用したり、偽の報道番組をTVで流したり
親族・知人一同巻き込んで、過去の演技をさせたり…

でも、小冒険ったってアレだけのモノを目にしたら普通気づくって!

ママも過去の真実の告白出来たし、パパにも再会出来たし
ララから現在の真実を聞いて、夜空にロケットで舞えて良かったんじゃない?

レトロな雰囲気
『2001年宇宙の旅』や『時計じかけのオレンジ』を思わせる映像
ときたま出る早コマ送り、そして「アレックス」。
キューブリックを感じさせるね。

こんな幸せもあるのかな。
資本主義国に生まれてると当たり前過ぎてわかんないんだけどさ。
  1. :エイガ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。