ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

ディープ・エンド・オブ・オーシャン

『ディープ・エンド・オブ・オーシャン』
(「THE DEEP END OF THE OCEAN」1999 米 108分)
監督:ウール・グロスバード
出演:ミシェル・ファイファー、トリート・ウィリアムズ、ウーピー・ゴールドバーグ
ジョナサン・ジャクソン、コリー・バック他

ひとつのものを失うと、それに付随するものの大きさに気付く。
自分を責め、他人を責め、世間を責めても「こぼれたミルクは元に戻らない」。

それでも、愛しさは変わらない。未来永劫に。

辛くとも、現存するものを大切に生きよう。

☆5つ。

**********************
☆ストーリー
1988年、ウィスコンシン州マディソン。
カッパドーラ家の3歳の次男ベン(バック)が行方不明に。
大がかりな捜索が行われたものの、特に手がかりは得られず。
それから9年、ふとした偶然から、ベンと家族は突然に再会を果たす。
しかし、空白の9年を埋めることはあまりにも困難だった。

☆ネタバレ
同窓会に子連れで行けるってのがスゴイっすね。
ベビーシッターがアメリカならでは?

ま、結局、それがこの事件の引き金になる訳なんだけど。

行方不明になったベンもだけど、兄のビンセントのほうがもっと不憫。
ぬいぐるみのウサギを隠したり、妹の世話をしたり
子供ながらに不安定な母を気遣いながら、過ごす毎日が痛々しい。

お互いに責め合う夫婦。
どっちの立場にもなり得るだけに、どっちにも同情出来ない。

9年も経って、偶然にみつかった我が子。
事件ではあるけれど、犯人はもういないし、誰も責められない。

養父も気の毒だし、サム=ベンだって戸惑うよな。
何も知らずに、彼なりに幸せに過ごしてたんだから。

妻も夫も子供も苦しんでの一大決心に感心。
ラストにはそれも清算され、あの家族の今後は救われるのか?
そうだといいな。

作品によって、こんなに表情が違う女優ファイファーが好き♪
ビンセント役のジャクソンは個人的にタイプで好き♪♪
女で黒人で主任警部でゲイであるキャンディを見事に演じて
スパイス効かせてるゴールドバーグも好き♪♪♪
  1. :エイガ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。