ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

フォー・ルームス

『フォー・ルームス』(「FOUR ROOMS」1995 米 105分)
出演:ティム・ロス

<第1話『ROOM 321 お客様は魔女』>
監督:アリソン・アンダース
出演: ヴァレリア・ゴリノ、マドンナ他
<第2話『ROOM 404 間違えられた男』>
監督:アレクサンダー・ロックウェル
出演: ジェニファー・ビールスアンジェラ、デヴィッド・プローヴァル
<第3話『ROOM 309 かわいい無法者』>
監督:ロバート・ロドリゲス
出演:アントニオ・バンデラス、タムリン・トミタ他
<第4話『ペントハウス ハリウッドから来た男』>
監督:クエンティン・タランティーノ
出演: クエンティン・タランティーノ、ブルース・ウィリス他

オムニバスだよん。好き嫌い分かれそうだな、コレ。

ある意味、豪華キャストだし、カルトちっくな作風で
アタシは嫌いなテイストではないし、そのブラックさには、ニヤリ (´m`)

・・・ってんで、☆は3つかな。

*********************
☆ストーリー
タランティーノ、ロックウェル、ロドリゲス、アンダースら
アメリカ鬼才監督4人の、4話からなるオムニバスのコメディ。

199X年の大晦日、ロサンゼルスのホテル・モンシニョールを舞台に
ベルボーイ、テッド(ロス)が、4つの部屋の宿泊客たちを相手にたった一人で奮闘する姿を描く。

☆ネタバレ

わー、ティム・ロスの芸風ってすごいな。
すげぇ、ハマってるのが怖いくらいだ。

<1話>
すごいよねぇ。話がさ、いきなり魔女だから。
マドンナじゃなくても「レジー賞取れたダロ」ってなくらい
どの役も俗っぽいしさぁ。

唯一の女性監督が撮ってるだけあって
コミックっぽいモチーフが沢山なのが微笑ましい。

貢物を口に含んで飲み込んでしまってはいけませんね。

<2話>
この章が1番理解しにくかったかな?

テオドアの一件はいいとしても、なんでキス?なんで心臓発作?
トイレの下の血や、便器に引き込まれる布(?)の意味が
他の章と合わせても、さっぱりわかんない。

男のイチモツの呼び名っていっぱいあんですね。

<3話>
バンデラス、かっちょいい!タムリン・トミタ、懐かすぃ~!
でも、死体がサルマ・ハエックなんて、クレジット観たって気付きませんから。

ロスが足に注射針差して、酒瓶持った娘と煙草くわえた息子と
炎の海でバンデラスに発見されるラストは、シュールで絵になってたなぁ。

<4話>
タランティーノ、ウィリスだけでも満腹感。いや、濃いって意味で。

も、彼らは実生活もこんなんじゃね?って感じ。
シャンペンひとつにこだわり、映画にこだわり、とかさ。

賭けの手助けをあっさり済ませて、紙幣掴んで消えるロスがまたいいです。


日本語は、田代まさしが吹き替えしてるのが、ツボですよっ!

お友達のGさん(あえて仮名)には、是非観て頂きたいっす w
  1. :エイガ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント2
  4. :このページのトップへ

観てると思った(笑)

ねー、田代まさしの声で観ると、また違うよぅ。
変な想像しちゃうから (^^;)
  1. 2005/07/08(金) 21:25:32 |
  2. URL |
  3. chaay #-
  4. [ 編集 ]

見た見た見た~!!

うんうん。嫌いじゃないね。

あ、でも田代まさしなの?
吹替え?
それだけでも、もう一回見る価値あるかも。w
  1. 2005/07/08(金) 19:53:19 |
  2. URL |
  3. ゴム #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。