ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

鬱について久々に考えた

某掲示板を久々に覗いたら
鬱についてのスレが、ロングツリーと化してました。

スレは
 同僚に鬱がいて、頻繁に休んでいる。
 本人に辞める意思があっても、会社は共に頑張ろうという感じ。
 独身・同居の同僚が休む度に、既婚・子持で疲れている自分が
 損をしたような気分になるので、どうすればいいか
といったような内容でした。

もちろん、いろんなレスが付いてました。
鬱患者の肩を持つような批判的なレスもかなりありました。

健常なスレ主がずるいと思うのは仕方ないと思うし
鬱患者がどうすることも出来ないのも知っているし

確かに難しくて、ある意味デリケートな問題ではあるんでしょうが
ん~、実際に永年、鬱として通院しているアタシが言うのも何ですが
鬱って一体、何を基準に診断されるんでしょう???

どんな人だって、辛いときやしんどいときはあって
落ち込んだり、泣きたくなったり
人と会いたくなくなったり、何もしたくなくなったり
死んでしまいたいと考えることはあると思うのに。

実際に引き篭もったら鬱?自殺未遂すると鬱?

他の病気のように、レントゲンで影が見えたりする訳じゃないのに
医者はどうやって病名を判断するのか?

アタシも「自分がおかしい」と気付いてから、病院を何軒も回りましたが
分裂症気味の鬱&不眠症と診断されるまでは
胃潰瘍、自律神経失調症、ヒステリー等々、様々な判断をされたものです。

マニュアルに当てはまれば?過去の傾向から?
だいたい、外傷ならともかく、心の病をどうして健常な医者が見分けられようか?

いまだに「自分は鬱だ」と公言までしておきながら
本当に鬱なのか、もうわからなくなりつつあります。

だから仮定で、アタシが本当に鬱だったとして

鬱である事自体を恥じてはいません
鬱だから何も出来ないのは言い訳にはなりません
鬱だからって常に普通であろうと頑張りません
全ての人に理解してもらえずとも構いません

鬱である前にアタシはアタシ。
批判があるなら、それは欝という病気に対してではなく
アタシという人間に対して発せられた物なんだと思います。
  1. :ダカラカラダ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント2
  4. :このページのトップへ

鬱気質だとは自覚がある人はたくさんいると思うんだ。
とりあえず普通にって、その境界が曖昧すぎてさ、嫌になるよ。

鬱って診断されるまで、本当にホルモンとか神経とか脳だって
総合病院でも、個人の診療所でも、たらい回しでしょ。

それでも確かに、鬱に対する認知度は増したよね。
でも、精神の病って免罪符を容易に振りかざせる社会にもなった気がする。

犯罪があったりすると、すぐ家庭環境がとか、過去のトラウマがとか
だから精神的に問題があった訳で、容疑者も被害者なんだとかさ。

心は誰にでも読めるものじゃないから、「そうなのか」と思う人もいるじゃん。
死刑になって然りの犯罪者が、そのまんまムショでタダ飯喰らって
反省した態度もないまま、何も変わらずにシャバに戻ってくるんだよ。

なら、もとから、何とかしなさいって。
カバーできる範囲内だろうが何だろうが
このストレス社会では、大なり小なり人に支障がある場合があることくらい
10年も現世で過ごした人間ならわかるだろうがって思う。

ただ、全てを、薬で回復出来るとは思わないんだよね。
経験者なら特に実感してるだろう現実。
薬は常用すると、身体が慣れてきて、もっともっとと上の効果を求める。
やめても地獄。続けても地獄。。。

いちばん大事なのは傍で見守る人間、仲間。
何もしてくれなくていいの。
道を誤ったときに、導いてさえくれれば。

アタシは、潔くなんかないのだ。
ただ、その自己責任の意識すら持てなくなったときが
人間としての本当の終決だと思ってるだけ。
  1. 2005/07/06(水) 18:33:23 |
  2. URL |
  3. chaay #-
  4. [ 編集 ]

そうね。

自分は、鬱気質だとは自覚は、ある。
何もかも放り出せるような状況にないので、とりあえず普通に暮らしている。
普通に暮らしている時点で、鬱ではないのかもとも思う。

境界ってヤツかな。
ホントにマジ、鬱でどうにもならないヒトもいるのも事実。
でも、この境界にあって甘えてるヤツがいるのも現状。

形ある病では、ないから確かにドクターも診断は難しいと思う。
そして、心の病気ではなく結局、ホルモンだ神経だ、脳の具合だって風に
扱われてるのも現状だしね。

ただ、正直、体もいうこと利かなくなっちゃう時に病院いって、「貴女は鬱です。」という
免罪符が欲しいなと思う事もある。
でも、私は自分が不安神経症や脅迫観念症や鬱と診断されることを望まない。
きっと、その病名に甘えてしまうから。

そう言ってられるうちは、違うよといわれるかもしれない。
実生活に支障が、ないでしょ?って。
いや、支障はあるよ。カバーできる範囲でね。
自分でね、おかしくなる感じってのは多分、わかってると思うのよ。
この手の病を患ってるヒトは。

今、鬱の友人は、薬を断ち切れなくて闇の中を彷徨ってる。
「ゴムは、薬やめて正解だよ。薬が効かなくなれば、どんどん強いものに替えられる。向精神薬は麻薬と同じだから、自分はジャンキーと同じ状況だ。」と。

私は、境界で踏みとどまってられるけれど、彼女は薬のループを断ち切っても、
鬱の状態からは、抜け出せないんだよね。

確かに書き込みなんかを見てると、批判する側される側、言い分はあると思うけど。

>批判があるなら、それは欝という病気に対してではなく
>アタシという人間に対して発せられた物なんだと思います。

潔いと思います。
する側もされる側も、ホントはこうなんだと、思います。




  1. 2005/07/06(水) 10:37:18 |
  2. URL |
  3. ゴム #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。