ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

チェンジリング

changeling.jpg
『チェンジリング』
(「Changeling」2008・米・142分)

監督:クリント・イーストウッド
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、 ジェフリー・ドノヴァン
コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー他

~ストーリー~
1928年、LA郊外。シングルマザーのクリスティン(ジョリー)は
電話会社にて主任を務めながら、女手一つで9歳の息子ウォルターを育てていたが
ある日、ウォルターひとり家に残し休日出勤した後に帰宅すると彼が失踪してしまう。
原因も分からぬまま行方不明の彼を思い、クリスティンは眠れぬ夜を過ごし
5ヶ月後、息子が発見されたと再会を果たすも、彼女の前に現れたのは全くの別人で・・・

~感想~
尺は少々長かったけど、面白かったというか興味深かったよ。
実話なだけにスリラー・サスペンス・ヒューマン・ドラマ等々の複合要素ありで
「事実は小説より奇なり」の代表って感じかな。
今回は毒のひとつもないマルコヴィッチもまた新鮮で。

確かに養子を含め子沢山なA・ジョリーだけど
いままではセクシーさとかワイルドさとかに目がいきがちだったのか
彼女にあんな迫真の演技が出来るなんてちょっと感心・・・ってのは偉そうかw

でも最近とみにスレンダーになり過ぎて、さもすれば貧相とも言えるようなその体型が
子供の不在や入れ違いに苦悩する母親役にまた見事にハマってるというか。

全体的に淡々としつつも奥深い作品で
「お涙頂戴」というよりは「戦う母を見守る」そんな視点に好印象。

☆は4つ半。

  1. :エイガ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。