ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

見守るってムツカシイ

たったいま学校昇降口付近まで送ってきた。

ヤツには振り向かせないで、数歩後ろを送れて付いて行くような感じで
ランドセルが歩いてるような小さな背中を眺めながら歩いてみた。

hatsutoukou.jpg

我が家は前の通りを含め、坂を上れば小・中・高校が全て揃ってるような
いわゆる「通学路」的な道が途中まで四方に多く存在するので
みんなフェイと歩く方向は逆とはいえ、それなりに人通りも多く
朝の時間帯ならそんなに心配がいらないような気もした。

ただ1つだけある信号無き交差点が唯一のネックといえばネックで心配点。
本当は駅に向かうような道筋にあるのに何故かその辺からだんだんと人が減る。

今朝も「ある程度の距離があるな。大丈夫そうだな」と
フェイ本人は見て、手を上げて渡ろうとしたみたいなんだけど
坂だから下ってくる車は当然スピードが出やすく
幸い相手が早めに気付いてブレーキをかけてくれたからいいようなものの
そんな人ばかりでもないので親としてはちょっと危なげで焦ってしまった。

本来通り、坂の上の小学校の学区に通わせてれば
そちらも、すんごい道幅が狭いのに車通りが多いけど
集団登校とかあって幾分かは安心だったのかもね。

でもまた仕事がもし出来るようになったらやっぱりそっちは不便なんだもの。
仕方ないよね。「はじめてのドキドキ」は親も子も最初だけさ。

それにしてもヤツは「ゼンマイのオモチャかよっ!」ってなくらい歩みが遅い。
行きはまだ下りで15分弱くらいだったから遅刻するでもなかったが
うっかりまたガミガミ言ってしまうところだったじゃないか。

ついついやってしまいがちなんだども、おかんを思い出すから
自身はあんまりガミガミ言わず、すんなり子供を納得させたいと考えてるのに。
まぁ反面教師として役立ってんのかな。あの人も。

下校時も正当な学区(我が家とはまるっきり反対方向)の生徒は
途中まで教師が送り、その区間内で親が迎えにくるらしぃが
我が家は対象にならないのでやはり昇降口まで行かねばならず
この「見守り送り迎え」を登下校・約2週間も繰り返すのかと思うと
ただでさえ万年運動不足な妊婦は少しゲンナリである。

緩い坂道でこのどでかい腹がさらに張るので苦しいのだよ。
決して車慣れしてるからぢゃないよ。ホントだよ。

  1. :ムスコ=フェイ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。