ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

L change the WorLd


『L change the WorLd』(129分・日・2008)
監督:中田秀夫
出演:松山ケンイチ、工藤夕貴、福田麻由子 他

~ストーリー~
<デスノート>を駆使して犯罪者を次々と殺し
新世界の神になろうとした「キラ」の野望を阻止するため
天才的な頭脳で応戦したL(松山)。
しかし、キラ事件の解決には、Lにとって多くの代償が伴った。
そんなLの前に、彼自身が解決しなくてはならない難事件が立ちはだかり・・・

~感想~
マツケン本人もどっかで言ってたけど
「Lの恥ずかしい面を全てさらけ出してしまった」ってホントそんな感じ。

『DEATH NOTE』のクールな本心の読めない
そんなLのままにしておいてあげたかった気もすれば
反面、人間的なLも見てみたかったので、酷評されてるほど自分は嫌いじゃなかった。

確かにこういった形でのスピンオフは望んではいなかったもののねぇw

☆は3つ半。
だってやっぱL、好きなんだもんっ♪

***********************
~含むネタバレ~
未知のウィルス系ネタは現実的にも蔓延してきてるように
ココ最近本当にネタにされ続けてる気がする。

この作品に対しての内容的予備知識を全く持ってなかったから
それを根底に於いて作られてるとはこれっぽっちも思ってなかったなぁ。

だいたいはウィルスがあって抗ウィルス剤もちゃんと開発されて
なんだかんだ事態に収拾ついちゃうのもまぁお約束だし。

あと個人的にはキャストにブーイング。
みんな演技力はあるかもしんないけど
『DEATH~』みたいに1クセも2クセもある人間が出てなくて
そこに魅力減の一因があったよーな感じもして残念。

でも人間らしさを取り戻してくというか学んでいくLにもちとホロリ。

あの人間らしくないキャラが逆に無機質で愛らしくて好印象でもあるんだども
やっぱ、ん~、前者のLもワタリを亡くして成長したのかなって
ミョ~な親心すら含んで観ちゃったYO!
  1. :エイガ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。