ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

アップタウン・ガールズ

アップタウン・ガールズ』(「UPTOWN GIRLS」2003 米 93分)
監督:ボアズ・イェーキン
出演:ブリタニー・マーフィ 、ダコタ・ファニング他

オープニングのモリーの部屋以外
終盤までボーッとしてしまいました (● ̄  ̄●)

なんちゅーか、全てが盛り上がりに欠けるっちゅーか。

映像はポップ、音楽はロック、
でも、何かスパイスが足りない。

☆は2つどす。

**********************
☆ストーリー
ロックスターの遺児であるモリー(マーフィ)は
両親の遺産で自由奔放な生活を送っていた。
が、突然、無一文に。
やむなく、親友の紹介で
生意気な少女レイ(ファニング)のベビーシッター役になるが・・・

☆ネタバレ
ファニングの演技力が生かされていない作品だったな。
どうしても安達祐実にしか見えないんだもん。

生意気な子供って
ある意味、どんな子役にも演技し易い気がするしさ。

ファッションとか凝ってて可愛いんだけど
そこにしか目がいかないのもPVぢゃないんだから、どうよ?

ペッツとブタが何を意味するか
ちっともわかんなかったのは、アタシだけ??? σ( ̄◇ ̄;)

印象的なのは<was>って言葉だけだったかな。

終盤はまぁそこそこなストーリーになってて良かったけどね。
  1. :エイガ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。