ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

ボルベール <帰郷>

VOLVER.jpg
『ボルベール <帰郷>』(「VOLVER」120分・スペイン・2006)
監督:ペドロ・アルモドバル
出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス
ブランカ・ポルティージョ、ヨアンナ・コボ、チュス・ランプレアベ

アルモドバル監督独特のあのビビッドな色彩に
サスペンスともコメディともファンタジーともつかない内容で
キャストがほぼかしましくもたくましい女性ばかりとなると
何とも奇妙な感覚に囚われて引き込まれ目が離せなくなる訳で。

クルスの美貌は言わずもがな
彼女の間口の広い演技力には度々驚かされ、今回もまたすごい。
やっぱり情熱の国の血が流れる女(ひと)なんだなと実感。

姉妹の絆はアタシには姉も妹もいないのでわからなくても
母娘の繋がりは一応ね。
母ならいるし、自分も母だからw子供は息子だけどw

揃ってここまで父(夫)に恵まれてない
―――って状況はそうないと思うがw

勝手な想像に反して
何かを深く考えさせられるようなタイプの作品ではないし
ちょっと突飛だけれども決して嫌いじゃないので☆は3つ半。
***********************

☆ストーリー

失業中の夫の分まで働く気丈で美しいライムンダ(クルス)。
だが彼女の留守中、夫が15歳になる娘パウラ(コボ)に関係を迫り
抵抗した娘は勢いあまって父親を殺害してしまう。
ライムンダは愛娘を守りたい一心で必死に事件の隠蔽を図るが
そのさなか、故郷ラ・マンチャでの叔母の急死の知らせが入る。
ライムンダの姉ソーレ(ドゥエニャス)が葬儀に駆け付けると
「大昔に火事で死んだはずの姉妹の母イレーネ(マウラ)の亡霊が
 1人暮らしの叔母を世話していた」という奇妙な噂を聞くのだが・・・

☆ネタバレ

女はみんな気が強いね。
男はみんな無神経でさ。
あ、もちろん作中の話だけどw

ライムンダなんかたくまし過ぎて笑っちゃう。
夫の死体が冷蔵保存されたレストランで勝手に営業して稼いでるし
娘のパウラも「遺体は処分するって言ったでしょ!」って
父が悪いっつてもアンタが殺っちゃったクセになんて勝手なっ!

ま、その辺が返ってヒヤヒヤするんだけど。
ひとつのエピソードが中途半端に放っておかれたりするから
「いつか遺体を客に喰わせちゃうんじゃないか」とか
じつにいらん妄想までしてしまったくらいでww

近親相姦→殺人→証拠隠滅→無許可営業→叔母の急死
→母の幽霊目撃証言→幽霊母と姉の同居→知人の癌発覚
→死体遺棄→知人からの両親についての告白→母との再会etc.

狐につままれたような展開が何だか解せなくなったタイミングに
終盤のイレーネによる罪(とくに娘への)の告白と懺悔のシーンで
ようやくカチリと鍵が合った気がして個人的に安堵感。

女系家族って勝手気ままで騒がしくて暖かいんだね。
次回は男どもも仲間に入れてやってw
  1. :エイガ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。