ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

アーサーとミニモイの不思議な国

Arthurminimoys.jpg
『アーサーとミニモイの不思議な国』
(「ARTHUR AND THE MINIMOYS」104分・仏・2006)
監督:リュック・ベッソン
出演:フレディ・ハイモア、ミア・ファロー他

フランスで大ウケ→アメリカで大コケってのは何でだ?
CGだけ観ても、かつてのPIXER作品に負けず劣らず
個人的には好きな分類に入るんだけど。

確かに目新しいストーリーではないけれど
ハイモアくんの演技にもホロリとせずにいられないし
アメリカ版の声優がマドンナ/デ・ニーロ/H・カイテル
E・エステベス/スヌープ・ドッグ/D・ボウイと超豪華。

(あ、日本語吹替版では
 悪役・マルタザールにGacktが抜擢されたらしぃね。
 米でボウイの演じた役どころw)

ま、確かにあんまり【べッソン監督作】と
意識しないで観たほうがいい作品なのかも知れないが
何といっても安心して子供と楽しめるし
CG技術もスピード感あるテンポもなかなかのモノだと思う。

☆は3つ半。
*********************

☆ストーリー

10歳のアーサー(ハイモア)は
冒険家である現在行方不明中の祖父譲りの好奇心旺盛な少年だった。
ある日、祖父の屋敷が人手に渡ることになり祖母は途方に暮れるが
祖父が昔、庭のどこかに埋めたルビーを借金の返済にあてようと
古い地図を頼りに宝探しを始め・・・

☆ネタバレ

何を意識してフランス映画なのに
コネチカットが舞台で英語なの?
本心ではアメリカ狙いだったってコト?
それがコケて監督ご立腹なんかいな?w

それにしてもハイモアくんってもう15歳なのね~。
それで10歳の役が出来るってのもスゴイけどw

ケーキのロウソクを消そうとするまでの
目に涙を潤ませた彼の演技には
働く親としてこっちまでウルウルってきちゃったYO。

<STUNNIN RAPIDS BAR>でのCGシーンは
特にユーモアも躍動感もあるし
ダルコスの手下らと戦うトコなんかダンスミックスでSo nice!

ただ何だかんだいちばんウケたのは
「いまからオマエは総司令官だ」ってマルタザールの言葉に
「有難いけど事務が好き」って答えるダルコスさっww

ま~、明らかに続編を予想させるエンディングだと思ったら
おそらく本国ではもう撮影が始まってるっぽいね。

あと、ミニモイの国に到着したてのアーサーがMの名を口にしたとき
セレニアが何故「Oh my god!」でなく「MANMA MIA!」だったのか
それだけがよくわかんないんだけど???
  1. :エイガ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。