ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

キサラギ

kisaragi.jpg
『キサラギ』(108分・日・2007)
監督:佐藤祐市
出演:小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介
塚地武雅、香川照之

密室劇ってどうも舞台をイメージするな。個人的には。
まぁそれが映画だとどこまでやれるかみたいな好奇心もあって
すんごく観たかった作品のひとつなのだけれど。

またシチュエーションがね、自殺したアイドルの追悼会
しかもファンサイトから呼びかけられたオフ会並のノリ
(当人たちの思い入れは別として)だから
クセのある面々が揃うのも間違いないじゃないっすか?

んでキャストは最高。みんなハマリ役。

ただ脚本が綿密に練られ過ぎてるせいか
サスペンスを名乗りながらも先が容易く読めてしまうので
何の緊迫感も無くなってしまったのが残念。

嫌いじゃないテイスト+後半ホロリときてしまったズルさに
☆は3つ半でございますw
*********************

☆ストーリー

売れないグラビアアイドル如月ミキが自殺して1年
彼女のファンサイトの常連である5人の男が追悼会に集まった。
家元(小栗)をはじめとする初対面の彼らも
ミキの思い出話で次第に打ち解けていくのだが
オダ・ユージ(ユースケ)の「彼女は殺された」という発言により
事態は思わぬ方向へと進んでいき・・・

☆ネタバレ

ほとんどのシーンを5人で演じきってる
その役者根性には拍手したいよね。

如月ミキを忍んでギャーギャー言うのと
推理を重ね事実(?)が発覚するごとのリアクションは別として
ストーリー的にあんまり盛り上がりとかないと思うし
空想上のミキを除いて女性もいないっしょ?

自分らだけで時間を埋めるプレッシャーが
きっとあったような気がするもんw

ま、テンポがいいからさして退屈なしに観ていけるんだけど
言い換えれば複雑な謎解きが皆無なので
スクリーン上で誰かが「あっ!」となる前に
観客のほうが先に「あっ!」ってなっちゃう・・・のは狙い?

話の進み具合でみんなが繋がってるのがわかってきて
純粋なファンは家元だけということになるのに
そのエピで泣かされた自分が悔しい。

っつかファンがたった一人だとしても
歌がどんだけ下手クソ(わざとでもヒド杉w)でも
アイドルはアイドルなんだなぁ。

そうシミジミしてたのにマネージャーも父親も幼馴染も
ファンと一緒に掛け声かけながら
全く同じ振り付けで踊れてしまうのが納得いかんわっ! (`ヘ´)
  1. :エイガ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。