ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

プレステージ

pstage.jpg
『プレステージ』(「THE PRESTIGE」130分・米・2006)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル 
スカーレット・ヨハンソン、マイケル・ケイン、デヴィッド・ボウイ他

やっぱりベイルはこれくらいの体型のほうが健康的でいいよね。
あれ?『マシニスト』のときが病的だっただけ?w

健康的と言えばヨハンソンのめりはりボディにぷっくりとした唇!
ややモンローを思わせるとさせるような官能的なイメージが
世の男性たちを魅了するのかちらん?

ほんでね、自分が内容を知らなさすぎただけなんだけど
もっと華々しいシーンも多々あるかと思いきやほぼバックステージ
・・・というよりむしろ2人の男のマジックに固執する狂気一辺倒で
ん~、まぁそれも演技だけで何とかしてくれれば良かったのに
あの時代にあのマシンは反則技ダロ!?ってのがねぇ~。

いちばんイリュージョンはかのデヴィッド・ボウイが
見た目ただのおっさんに成り下がってたところw
なんつっても彼も既に60歳。日本じゃ還暦っすからね。

☆は2つ。
***********************

☆ストーリー

ロバート(ジャックマン)とアルフレッド(ベイル)は
マジシャンであるミルトン(ケイン)の助手をしていたが
ある晩、舞台でロバートの妻が死亡した事故がきっかけで
2人は敵対するようになってしまう。
以後、彼らはそれぞれ一流のマジシャンとして名声を得るが
その争いは次第に激しさを増していき・・・

☆ネタバレ 

ロバートが妻を殺されたのは単なるキッカケに過ぎないよなぁ。
お互いがお互いに恐ろしいまでの敵視で
手始めに仕掛けをパクったり潰したり
それはどんどんエスカレートして観客の期待よりも凝った演出。

所詮イリュージョンはイリュージョンで魔法じゃないのに
狂気的過ぎて2人が怖いっつーんだよぉ。

そんな男の争い中心なだけにヨハンソンの出番とか超少なくて
彼女はいなくても良かった感じがすんだよね。

監督お得意の時間軸の交錯とか
観せ方はそれなりに面白かったと思うんだけど
交代で寝ても気付かないくらいそっくりな男らを
ごく普通のように出してきたり
やっぱし個人的にはあの装置が頂けねぇ。

「誰にも言うな!」って言われてるラストより
アレを100回やろうとしてたアンジャーにビックリ!
  1. :エイガ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。