ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

私の頭の中の消しゴム


『私の頭の中の消しゴム』
(「A MOMENT TO REMEMBER」117分・韓・2004)
監督:イ・ジェハン
出演:チョン・ウソン、ソン・イェジン他

『イルマーレ』しか韓国映画は観たことなかったのだけれど
この作品も色んな意味で新鮮でだねぇ。

最近は日本映画が小洒落た雰囲気出し過ぎたり
変な間とか独特な世界観があり過ぎたり
こういうピュアな作品が減ってるって感じるから
ベタだったりするんだけど
そこがまた良かったりするんだわ。うん。

ただ全体的に長いから仕方ないんだけど
タイトルに反してストーリーがアルツそのものに
行き着くまでがまた長いなぁ・・・なんて。

そんなところで、☆は4つ半。
**********************

☆ストーリー

建設会社の社長の娘スジン(ソン)。
彼女は妻ある男性と不倫の関係にあったが、ついに破局を迎える。
その夜、彷徨っていた街で一人の男性チョルス(チョン)と出会う。
その時は気づかなかったが、彼こそスジンの運命の人だった。
やがて再会した2人は恋に落ち結婚し、甘い新婚生活を送るが
いつの頃からかスジンの物忘れが度を越したものとなっていき・・・

☆ネタバレ

一昔前のような厚化粧に冒頭は戸惑ったけど
ソン・イェジンって可愛いじゃないっすか!
脚も長くてスタイルいいのぉ (*´д`*) ウラヤマスィ

あの華奢なところが
儚げな雰囲気をも醸し出してて様になるんだろうね。

チョン・ウソンのほうは、スジンと出逢って身なりが変わっても
基本、無骨なのがまたイイっすね。

大工って役回りのわりには
あんまり筋肉がないようなのは気になったが。
あとサングラス、似合わなくない???

さすがにコーラでゲプッってのではなかったものの
いちいちキュンキュンしちゃうあたり
「アテクシも年を取ったなぁ」とw

屋台のテーブルの下でずっと手繋いでるとことか
こそっとキッチンにIH付けてもらってたりとか
土地を見に行って間取りを2人で想像するだとか
一文無しになっても健気にイカサマやってるソジンとかww

んでベタ、あまりにもベタなのに
不覚にも泣いちまいました (*ノェノ)

後半のソジンを発見したバッティングセンターでのやりとりと
終盤の家を出て行ったソジンの手紙を
チョルスが読みながら男泣きするシーンで。

やっぱさ、切ないじゃないっすか。
昔の男の名で呼ばれて「愛してる」って言われる男も
本当に愛して傷付けたくないのに最近の記憶から失ってく女も。

チョルソの母親とか木師匠とか
丁寧にエピソードを描ききってるとゆーか
詰めすぎな気もするディレクターズカットは140分くらいあるので
もっと時間のあるときにゆっくり観れば良かったな~。
  1. :エイガ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。