ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

すぐそこにある恐怖

フェイの小学校もとうとう夏休みを終え、本日から学習開始日となりました。

彼自身は放課後クラブで連日行っていましたが、約1ヶ月半ぶりに全校生徒が揃う学校。
宿題提出等を除けば子供たちには楽しみな場所でも、今年ばかりは親としてある懸念が。

そう。新型インフルエンザの恐怖が、春先にも増してすぐそこまで迫っている訳で。

通常なら小康し易い夏場にも猛威をふるい、既に死者も多数出ており
それが高齢者や持病のある方ばかりでなく、乳幼児すらも脳症にかかったり
事態は既に他人事ではなく、油断出来ない状態にまでなっている様子。

しかも、ジェイの同僚の妹が発症したとのことで
小学校という幾ら少子化とはいえ100人単位ではある規模よりも
ずっと身近に、ずっと少人数で、感染の危険性が高まっている我が家。
・・・っつか、もうどこでもそんな感じなんだろうけど。

ジェイとフェイにはうがい・手洗いの習慣がしっかり身に付いているものの、不安は不安。
アタシやニュイですら、100%出歩かないってのは有り得ないだろうし
まだ赤ん坊であるニュイにマスクとか除菌とかって難しいものね。

これから冬に向かってさらに勢いを増したら、ワクチンの数が足りないって問題以外にも
不足分を賄う輸入ワクチンに量産のためにアジュバントって添加物が含まれてて
その副作用で、最悪の場合には死亡する可能性が多々あるっていう課題も残ってる。

治験200人なんて、データ的に足りるの?
それ以前に、治験受ける人は大丈夫なの?

いずれにせよ、妊婦や持病のある人たちも安全に受けられるようにしてほしいな。

我が家はどっちみち乳幼児も何歳から接種出来るかまだわからないらしぃし
ニュイ以外の家族が基本に忠実に防御してくしかないんだろうな。

今年はインフルエンザ以外にも、水害やら全国的な地震やらで気持ちが落ち着かないね。
関心はあるんだけど、個人的には今年は選挙どころじゃないってのが本音。
だのに、たまたま赤ん坊を介して接した近所の創価学会員が「公明党支持しろ」ってうるさい。
長年の友人の同様の依頼すら、もう数年断ってるってのにさ。
宗教は否定しないけど、いまは育児に忙しいんだから放っといてってば!!!

スポンサーサイト
  1. :キニナルゥ~
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

8月3日-術後5日目

少しづつ吸うこと自体は上達してきた赤ん坊。
でもアタシがうまく含ませられないのかどうしても浅飲みになって、それだけが苦痛。
徐々にお互い慣れてくしかないのかな。先行き長そうだな。

ところで、2日くらい前から病院食が激マズだよ。味覚が変わっちまった?
いやいや。もともと味は薄いし、旨いモンではないんだけど
組み合わせもすごいんだわ。ご飯のデザートにフレンチトーストってw

あと、とにかく大根出現率が高過ぎやしねぇか?
毎日必ず出てくるっつっても過言じゃないハズ。
大根好きっつても、ここまで続くといい加減飽きるってんだよー!!!

しかも朝食なんて和食だと漬物+一品とかで
その漬物がキュウリだったりするんだから、本気で食べるモンなくて凹む。

朝食だけ無料で洋食も選択出来るっつーから依頼してみたら、パンも何だかな~。
「フルーツ盛り合わせ」とか献立には記してあるんだけど
夕べの夕食の全然フルーツポンチじゃないフルーツポンチの具
-グレープフルーツとさくらんぼの缶詰と寒天-から汁気取っただけじゃね?

退院後に「コレが食べたい!」って特にないけど、フツーの食事がしたい。マジで。

あとこの病院に関して言えば、本当に「お産難民」なんて存在するんだろうかって疑問。
確かに健診代も分娩費も他より高めではありつつ、全体的な印象としては悪くないのに
部屋がいっぱい空いてる気がするからフシギィ~。

本日は沐浴指導也。身体って結構憶えてるもんだね。
7年ぶりなのに、しかも沐浴なんて生後1ヶ月くらいしかさせないのにさ。
「はじめて」とかのプレッシャーもないせいか、もうテキトーもテキトーなのにwww
助産師さんにも「やっぱ慣れてるよねぇ」とか言われたしw

その後、何故か無性にヒマ~。
かといって本読んだりする気分でもなく、部屋を徘徊。あるいは携帯でネット。
眠い眠い。でも寝てたら「動け」って怒られそうで寝られない、意外と小心者のアタシw

夕方、シャワーを浴びようとしたら、洗髪中に急にお湯が出なくなって凍え死ぬかと思った。
震えてタオルで身体も拭けなくて、シャワー室内のナースコールで緊急要請したw
コール本来の使い方と違わね?www でも仕方ねーって!

見てもらったら、どうやら電源スイッチが切られてたらしぃ。
操作パネル上に「触るな」って張り紙がデカデカしてあんのに
誰だよ、消しやがったのっ ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

夜、ジェイとフェイが面会に来るまで時間が長かった。
2人が帰って消灯までの1時間も長かった。

なんだかサイアク。早く退院したい。

  1. :出産日記
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

8月2日-術後4日目

片っぽながらも乳を食む息子。
毎時間、目を覚ますのが大変だけれど
浅飲みで先端が超イタかったりするのだけれど
なんとか直飲みで共に頑張っている。

たまに「そんなに完母にこだわらなくても・・・」と我ながら思う。
理想とかぢゃなくって、せっかく今回は快調に出ててそのほうが金銭的に助かるってのと
何より母乳育児は痩せる!少なくとも太らないと思う!

・・・そんなんでイマイチ、いや可能ならこれっぽっちもミルクへは移行したくない。

まぁ数いる助産師さんたちはみんな口を揃えて
「たぶん赤ちゃんもそのうち慣れるよ~」なんて言ってくれるんだけどね。
「たぶん」はいらね~だろ!「たぶん」はっww

ほんでね、母乳育児を続けていこうと決めた上で今回欲しくなったのが授乳ケープ。

ママが首からすっぽりエプロンみたいな生地を被って
外出先での授乳タイムに他人から乳が見えるのをガードするアイテムっす。
ワイヤーが入っているモノは、上から赤ちゃんの様子もちゃんと確認可能。

「外出先で」とは言っても、出来るだけ家でもペロンとかしたくないんだけどね。
やっぱフェイだってもう小学生だし、ジェイの前ですら抵抗があるから。

フェイのときは極力、授乳室とか探してたっけな。
でも、すんげぇ混んでたりして忙しなくってね。
だからって、イチイチ車に戻るのも面倒だしね。

んで、思い立ったら止まらない性格なんで、ベッドの上から携帯でコレ頼んでみますたYO!
(ちなみにこの病院は携帯OKな場所が多くて、さらに個室では使用自由!)



『bebeaulait ナーシングカバー【ミントチョコレート】』
4,116円 (税込・送料別) by ウッドボックス 楽天市場店

午後にはジェイとフェイが面会に。
話を聞けば、アタシが入院してからフェイは結構オイシイ思いをしまくってる様子。

ジェイが仕事のときは義母の家に預けるから、多少の甘やかしは覚悟してたけど
こっちも『ポケモン』の映画に連れってってもらえるようお願いもしたりしたけれど
そんでも日々、アーケードのカードゲームをさせ、ゲーム本を購入してやり
好きなものしか食べさせない上に、ファミレスやファーストフードの外食も頻繁
歯ブラシとか持参させてるのに歯磨きすらもさせてくれない・・・っちゅーのは、どうなの?

あと3日の辛抱ではあるんだけどね。親としては非常に歯痒いわ (ノд-。) グスン

それにしても連日連夜、産まれたての新生児とばかり過ごしてるせいか
小学1年になったばかりのフェイがやたらとデカく、しっかりして感じる。

スゴイなぁ。
ある日いきなり「今日からアナタはお兄ちゃんです」って
「赤ちゃんが優先なんだからアナタはちょっと我慢しなさい」って
否応なしに、そうなっちゃったりするんだもんねぇ。

アタシは小さいときそういうの敏感に感じ取って、いまだにトラウマってかすごくイヤだったから
フェイは特に7歳も離れてるし、もちろん我慢してもらうシーンとか沢山出てはくるだろうけど
あんまり心の負担にならない程度に、ケアしながらやってきたいと思ってるんだよね。

そう思いつつ、いずれは比較しちゃったりするのかな。
いまの時点ではどっちも優劣付け難いっつか、付くのかしら将来的にって感じ。
どっちも自分の子ではあるからして、どっちも可愛いハズなのにね。
先輩ママ友はいっつも「下の子に癒される」とか言ってるのが現時点ではまだ不思議。

そんな2人が来てる間に、4日ぶりだかのシャワーで久々にスッキリ o(*^▽^*)o~♪
でも、お腹が攣れるような感覚が痛いし不快でたまらない。

まだ痛み止め飲んでるもん。
いやずっと寝てていいんなら、飲まなくても済みそうだけど
授乳とか立ったり座ったりあるし、便が出てないせいもあるのかな。

今日からやっと酸化マグネシウムが処方されたんだけど
ホント、こんなんで5日に退院出来るのかな。
出来ないと相当イヤだな。

・・・ちゅーてたら、夕食後2時間でようやく便ちゃんとご対面。
赤ん坊が泣いて落ち着かなかったけど(部屋置き禁止だからトイレも同伴)
腸の形そのまんまなんじゃないかってなくらい、長くて立派なのが出ましたよ~ (^▽^;)

けど、お腹の攣れはやっぱ変わんないな。
抜糸したら変わんのかな。

  1. :出産日記
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

出産以上の一苦労

放課後クラブに向かうフェイを見送って、ニュイ(赤ん坊)もスヤスヤ。
「万年寝不足傾向にあるし、少し仮眠しておくか」とソファに横になった途端
明らかにそれを邪魔しようとしてるとしか思えない電話のベルが襲来。

「ニュイを見たいから行ってもいいか」という欺母からのお伺いの連絡だった。
幾らアタシでもそんな風にちょっとでも下手に出られたらむげに断れやしない。

幸い掃除もしてあるし、ここ最近は少しづつ身体も動くようになってきているので
「構いませんけど、フェイの帰宅は正午過ぎですよ」「ならその時間に行くわ」
なんてやりとりをして、「だったら昼間ではゆっくり出来るか」と受話器を置いた。

・・・のに正午には2時間近くも早くインターホンが鳴り、疑うべくなく欺母だった。

ニュイ起きる。そこから地獄。
もぅずっと母乳を欲するのである。

まず、アタシはたとえ実母の前でも胸を出すのはイヤなので、2階に上がって授乳。
それだけでも面倒なのに、添い乳を20分程度して「寝た」と思い
抱いて階下に下ろすと目覚めるばかりでなく、再び乳首を探し号泣する。
それが30分と経たず延々と繰り返された。

気分転換に抱っこをしても、オムツを替えても、おしゃぶりでも騙されず
昨日からお試しで借りているバウンサーすらもNG。

仕方ないので1時間に1度くらい2階に上がってる間に、何を言われるでもなく
勝手に食器を洗ったり、洗濯物を取り込んで畳んでいてくれたりする。

通常なら有り難いのだろうが、アタシはこのテの手伝いも嫌いだ。
自分には自分のやり方があるので返ってイライラする。

その合間の会話も相変わらず話をロクに聞いておらず、噛み合わないのだから
ニュイにイラッ、欺母にイラッで本当に苦痛を通り越して2人を抹殺したいくらいだった。

途中で帰宅したフェイだけが、その険悪な空気
(と思ってたのはきっとアタシだけ)の中で飄々としていた。

ニュイに会いたいなら、ニュイと遊んでだけいてくれればいいのに。
そんなどっちつかずの状態で彼女は6時間も我が家で過ごした。
こっちが実家に行くより、疲労感が募るばかりの1日。
ジェイが帰宅したとき、本気でアタシは床にぶっ倒れていた。

当分は誰とも会いたくないくらい、欺母はアタシを人間不信にさせる。
罰当たりな鬼嫁と言われようとも、個人的には本当に厄介な天敵である。

  1. :ジェイハハ・ジェイチチ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

真昼に麻痺り、回復(≠開腹)願う

来週末からフェイの小学校は学習再開になりまつ。
どうせ土日は休みなんだから、金曜にその日を設定するより
翌週の月曜からにすればいいのに・・・と思うのはアタシだけ?

どっちにしても、夏休み気分ってアッとゆー間に終わっちゃうわねぇ。
今年は妊婦だったり、1ヶ月の1/3は入院してたり
赤ん坊の世話に忙しかったりで、余計にそう感じるんだろうけど。

9月2日には1ヶ月健診だし、そろそろ普通の生活に戻りたひ
・・・っつても、先週からは家事も再開してるから、まぁ普通っちゃ普通で
あとはこの腹部の痛みが払拭さえ出切れば完璧なんだよなぁ。

傷の痛みより、内部の引き攣れより
いまはこう生理痛のような下腹部痛が何とも言えずで
特に右下腹部の痺れる感じが、全身すら麻痺させるようで気持ち悪い。

母乳相談とか徒歩じゃ難しいお出掛け行事も少しづつ始まってるから
1日でも早く自分で運転したいんだけど、何しろこんな状態だし
先週末までは様子見で休みのジェイとか実父母に頼んで運転してもらって
・・・だのにその金曜の母乳相談から帰宅した直後に
「入院証明出来ました」って連絡が入るって、なんてタイミングの悪さ (-ω-;)

だから今日、ジェイを乗せて近所のスーパーまで運転してみて
調子が良かったら明日は健診の予習も兼ねて
赤ん坊を連れて病院まで取りに行こうと思ってて
確かにこうブレーキの踏み込みとか無意識で甘くなってるようには感じたけど
それよりも何よりも、到着後に腹痛が増すわ、全身は痺れて気持ち悪くなるわで
「あ~、明日もやっぱり無理かも」って orz

手続きが遅れれば、生命保険の支払いも遅れる訳だから
個人的には1日も早く処理してしまいたいけれど
1人ならまだしも赤ん坊連れで事故とか起こしたくないし
とりあえず健診の日まで様子見ようかな。

その日も無理そうなら仕方ないからタクシーで。
運ちゃんに当たりハズレがあるからあんまり利用したくないんだけどね。
一因としては、だから自分で免許も取ったってくらいなんで。

不自由だ~。お腹痛いの、ホントに不憫だ~。
動くこと自体も辛いけど、無意識でおかしな体勢取ってて身体中がギシギシ。
悪露も全然褐色になってくどころか、逆に鮮血出てたりするし。

とにかくまたお腹開くとかだけはないように願いたい。マジで。

  1. :ダカラカラダ
  2. :トラックバック0
  3. :コメント2
  4. :このページのトップへ

8月1日-術後3日目

大好きな8月に突入。
・・・今年はそんな悠長な夏でもないけどもw

夜、あまりにも母乳を飲まないので、助産師さんに相談。
すると赤ん坊は、舌が上顎にくっ付きがちな巻き舌で口の開けも小さく
想像以上に母乳の飲みがヘタクソなことが発覚。

へぇ~、フェイのときはそんなとこまで見もしなかった。

ともかくそんな赤ん坊に反して、アタシは母乳の出が良好
・・・あぁ、どこまでも相容れない2人・・・

そうこうしてる内にも胸が熱を持って硬くパンパンに張ってくるので
助産師さんのアドバイスで、ひとまず搾乳してから
それをスプーンで少しずつすくって、赤ん坊の舌を押し下げながら
小さな小さな口へ運んでいくとゆー気の遠くなるような特訓開始。

それでもヤル気のまるでない赤ん坊。
2~3口も嚥下したかと思うと吐き出すか、ウトウトし出して小突いても起きないか
頑ななまでに口をつむんで絶対に開こうとしなくなりやがる。

そのクセしっかり腹は減るようで、1時間とせずに泣きながら目を覚ます。

次は搾乳済みのカップで舌を押さえ付けながら、直飲みさせる。
量をくいっと入れられて、こっちはスプーンよりはずっとラクだけれど
舌で阻止される確立が高く、全部ベーッと出されるのが何とももったいないしイラつく!

上記のようなことを毎時間繰り返すものだから、寝不足度は増すばかり。
く、挫けそうだ・・・

長い長い夜が明け、今日も先生の回診があった。
「顔色悪っ!ダメだな。こりゃ」・・・って、何がーっ!?
どうやら出血が多かったせいで貧血気味だってさ。
退院まで1日1回の点滴の再開-これはまだいいとして
シャワーすら1日延期になってしまった orz
ぬーっ!!!今晩はジェイの友人夫婦が来るらしぃのにぃ!!!

とりあえず身体を拭いて、着替えたりしてみたけど
こんな化粧も出来ないヨレヨレのときに見舞いなんて
自分の友達だって有り難くはないのに・・・

便が出なくて苦しい。ご飯も完食出来ず。
水分OKになったんで、コーヒーを我慢して乳酸菌飲料にしてみたけど効果なし。
このまま出ないと・・・どうなるんだ???

  1. :出産日記
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

7月31日-術後2日目

この夜からようやく母乳をあげ始める。
それまでの間、赤ん坊はミルクどころか白湯すら与えられない。
噂どおり、徹底的に完全母乳推奨型の病院らしぃ。

アタシはダイエット効果云々を狙って、自ら完母を希望するから良いものの
そこまでやるのも、出が悪い人には相当なプレッシャーではないのかな?

母乳が乳児や出産後の母体に良いことはみんな知ってる。
でも粉ミルクだっていろんな栄養やらを考えて作られてるんだし(中国産は別!)
アタシ自身も母親が頑張れど×2血しか出なくて完全ミルクで育ったって聞くけど
そんな昔の製品でだって何の支障もなく立派に(?)ここまで成長したYO!

まぁ出産と育児ほど、いちいち他人からアレコレ言われたり
自分でああだこうだと思い悩んだりすることもないからねぇ。
自然分娩でも帝王切開でも、母乳でもミルクでも
我が子を思う気持ちに寸分の違いなんてもんはナイのにさ。

さて、話をグルッと戻すと
アタシがいくら母乳経験有とはいえど、もう7年も前のことなぞすっかり忘れてて
相手も産まれたてのホヤホヤで吸い付き方なんてまだ知らない訳で
だもんでヘタクソ同士、こっちは痛くてイラッ、あっちは出なくてイラッとしながら大苦戦。

・・・のに、延々と泣いておっぱいをくわえない。
オムツも替えたし、抱っこもしてる・・・けど、ずーっと。

あー、そうだ。こんなしんどかったんだ。赤ん坊って。
特に術後は自分の身体も自由にならなくて、さらに苦痛だったんやね。

まだまだ幼児の砂場に掘りだした穴よりも浅い母性が一気に挫けそうになる瞬間。
赤ん坊って世間で言われてるほど可愛くないかも。
だってこの夜も、ほとんど一睡もさせてもらえてない。

結局、朝になって看護師さんが抱いてみてわかったんだけど
オムツのお尻側がズレて肌着とかも濡れちゃってるのが気持ち悪くて泣き続けてたみたい。
アタシがずっと抱いててもどこも濡れてないから、気付かなかったじゃん!

そのあと着替えさせたらようやっと眠ったから、その隙に一緒に寝てやったw
アッちゅー間に朝食時間になって起こされたけどww

ガスは出ても便がまだなのよねぇ。
膨満感のせいか食欲がわかなくて半分くらい残して、また爆睡。

次に目を覚ましたときには赤ん坊は沐浴タイムで、アタシは点滴再開。
血圧なんかも測るから寝たままでと言われ、凝りもせず爆睡。
・・・って、どんだけ寝んだよww

そんなこんなで昼。義母とフェイが来てくれた。
でも母乳の時間やら自分の昼食も重なったから、とりあえず食堂に行ってもらう。
本当はまだ面会時間には早いし ( ̄_ ̄ i)
その間にガッとご飯をかっ込んで、赤ん坊に授乳して・・・

戻ってきて1時間くらいいたかな?
今晩はジェイがミーティングで来れそうもないから気を遣ってくれたのかも知れないけど
こっちとしては1人のほうが気がラクってのが本音w

術後2日目っても痛みに耐性が無いもんで、まだ痛み止め飲んでまふ。
だってお腹痛いんだもん!我慢出来ないんだもん!
腹筋庇ってヘンな姿勢になりがちだからか、身体の節々もシクシク・ズキズキすんだよね。

でも点滴も全て終了して、これでようやく自由の身になったのが少し嬉しい。
何よりも早くコーヒーが飲みたい。
明日からシャワーもOKになるし、普通食に戻るから、そしたら1杯くらいはいいのかな?

なんだかんだジェイは赤ん坊に会いたくて会いたくて
面会時間終了間際にやってきて、15分くらいで帰りましたとさ。

人の大変さも知らないで、いい気なもんだwww

  1. :出産日記
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

7月30日-手術翌日

0:00くらいに1度筋肉注射をしてもらったものの
4:00にはそれもキレはじめ、術後のピーク的な痛みに悶絶。

でも最低6時間は間隔をあけないと、座薬すらも入れられないと
6:00過ぎまでウトウト→ギューッなりつつも、意識を朦朧とさせながら我慢。

赤ん坊は、羊水の吐き戻しもまだあったので
4:00~6:00までの2時間だけは新生児室で預かってもらった。

起床時間になってようやっと、「いままで半量だったから」と倍にしてもらえた座薬。
っつかいままで効かなかったのは、そのせいかよっ Σ( ̄Д ̄;) ナヌゥ!!
ま、この際、何でも良い。この苦痛から解放されるならば。

・・・とはいえ、赤ん坊も戻ってきた。
退院するまでラクは出来ないらしぃ。ははは (T▽T;)

朝食を済ませたら、まだ痛みを十分に残した状態で
助産師さんが身体を拭いてくれ、寝たままうがいまでさせてくれる。
・・・が、んなこと、んなときに、しないでも構わんのに。
1日くらいサボったって死なないっつか、余裕がナイっつか
それ以外でも介護されてる感がイヤなのに、なおさらなぁ。

その後、モニターとか大半のコード類を外してもらえたのはスッキリしたけど。

8:00台、赤ん坊は沐浴タイムでまた連れてかれますた。
まだ母乳も与えられないし、オムツも替えられないんだから
お風呂には入れてくれるんなら、その時間まで預かってくれててもいいのに・・・

その後に助産師さんがデジカメで赤ん坊とツーショットの写真を撮ってくれ
出産直後の写真と計5~6枚の画像データをSDカードでくれるんすが
ん~、直後っつっても新生児室の写真なら家族でも取れるし
ただでさえ自分の写真が嫌いで基本撮影は拒否るのに
すっぴんでやつれた姿なんて個人的にちっとも有り難くないや・・・なーんて。

とにもかくにも、9:00過ぎの先生の回診で問診と傷口の消毒etc.を済ませ
10:00に手術着から自分のパジャマに着替たら、いよいよ自力で歩き出しますです。

思った以上に傷口は傷むけれど、座った姿勢から立ったり歩いたりはまぁ何とかクリア。
寝起きも、ここは電動ベッドだから助かるっちゃ助かりまするです。

「歩け」ちゅーても遠出(他の階に行くとか)はまだ無理。
トイレまでの距離も比較的近いし、廊下を徘徊するのも何だかなぁ・・・と
とりあえず思いついたときに1時間づつくらい部屋の中をウロウロしてみる。
ホントいいのか?こんなんで (-。-;)

お腹は珍しくグルグル動いてる感じがするのに、ガスもなかなか出やしない。
それなのに午後には水飲みオッケェ、夕方にはもうおかゆ食も開始ってな具合で
こんなとこまで前回とは大違いで、ホント、アレって何だったんだろうっていまだに疑問。

夜になってジェイとフェイがお見舞いに。
フェイは義母に頼んでポケモンの映画に連れて行ってもらっていたので
赤ん坊そっちのけでその話と、いつも通りドラクエの話が尽きない。
それでも昨日の絵日記によると、彼なりに弟の誕生を喜んでるようでウルウルっときた。

22:00頃にはようやくガスも出て、今回は腸だけは優秀でつねw

  1. :出産日記
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

軽い衝撃・深い感動

ちょっと前だども、8月10日から11日に切り替わる時刻だったっけっかな。

まだフェイがその泣き声をうるさがるから、仕方なしに1階で赤ん坊と2人で寝てて
普段はそんな時間にTVなんて滅多つけてないのに
授乳の合間、手持ち無沙汰で何気なく流してたら
テレ朝で『お試しかっ!』って番組がやってて、初めて観てさ。
『Aniコレ』 って、芸能人で女装の一番キレイな男を探すって感じの企画だったんさ。

同様の企画は以前から何回かやってるみたいで
その回も「まぁノンケの男にしたら可愛いよね」的に斜に構えて眺めてたんだけど
もう序盤からとんでもない美女(いや。男なんだけど)が出てきて我が目を疑ったのさ。





だって
その顔、スタイル、歩き方、ポーズのとり方、首の傾げ方、まばたき、唇の舐め方
・・・どれをとってもそこらへんのイケてる女子よりもずっと女の子らしぃ訳よ。
むろん会場も騒然で、審査員のたかの友梨ですらポカンと口を開けてる始末。


ダレ?ちゅーても、上の動画ではその正体が明かされてないんだよね。


コレ、じつはAAAのメインボーカル・西島隆弘クン。

nishijima.jpg

彼がアイプチしてメイクすると




nishijima-ani.jpg


「天は二物を与えず」なんて言うけれども
「二物」どころか、「性別」すらも超えた美貌を与えられてる人間もいるんだから
世の中ってやっぱ不公平だわよ。うん。

でも、久々に感動したわ。出産よりずっと感動かも知んないw


その変身過程まで観たい方はこちら↓





ちと画質は荒いけどねんww

  1. :キニナルゥ~
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

7月29日-出産当日

夕べもトイレが1時間に1回ペース!
その度、ナースステーション前を行き来しなきゃならない苦痛ったら
このときばかりは「トイレ付きの個室にすれば良かったかも」とちょっと後悔。

んなことよりロクに眠れてない。2時間ウトウトしたかしないか。

6時前に起床して歯磨きと洗顔。
30分位して助産師さんが来て、再度、胎児の心音確認。

それから手術着に着替え、圧迫ストッキングを履いて待機。
不安が募る反面、その間に友人らからメールで勇気付けられて、あぁ有り難や。

8:40-手術1時間前-から点滴開始。
9:00過ぎに義母・実父母を連れ、ジェイ&フェイが到着。
9:30-手術10分前-歩いて手術室へ。もう泣きそう。

名前や同意書の再確認を済ませて、内部へ入り
色んな機械を付けられたあと、背中を丸めて脊椎麻酔。

ちょっとはチクッとするけれども、アタシにとってはそんなのヘでもない。
だって麻酔が効くかどうかだけが最重要課題だもの。
だんだん足先から痺れていく感覚がわかっても
実際にメスを入れられるまでがもぉ心臓バクバクな訳で
それまでの心電図のふり幅ったら半端なかったと思う。

まぁ、ちょいちょい麻酔医に具合を尋ねられながら対応してもらったせいか
今回は麻酔自体は効いたみたいで、それだけは一安心。

ひっぱられる感とかはやっぱりあったけど、とにかく切られてるって痛みはなく
途中で気持ちが悪くなっても、その旨伝えればスグ対応してもらえてホント助かった。

前回の癒着が酷くて、出血量が多かったらしぃ。
子供は開始から20分ちょいで取り出せたのに
まぁ胎盤出したりってのもあったんだろうけど、そのあとがエライ長く感じて
手術室の手術時間がカウントアップされる電光掲示板(?)によると
結局は終了まで1時間20分以上かかってた。
・・・むろん麻酔やら準備時間は差し引いて。

子供が出て産声を上げた瞬間、顔を見せてもらった瞬間
だからかな。そんなに感動とかはなくて
無事に産まれてくれたこと、自分も何とか無事なことを天に感謝はしつつ
それ以上の感情を持つ余裕なんて正直まだないんだよね。

まぁね、自然分娩も帝王切開も共に立派な出産方法で
どっちがラクだとか、その産み方で子供に対する愛情が変わるとかはないけども
あえて言うなら、自然分娩は出したら弱まる痛みを伴って
帝王切開は出してからより強まる痛みを伴うって、そんな違いで
んでアタシは後者で、それがこれから始まることも知ってるってそんだけで。

ともかく麻酔は効いたし、先生は予想に反して優しくて
看護師さん、助産師さん、麻酔医さんたちもいい人たちばかりだったんで
今回はそれだけでもすごく救われた思いっす

・・・がっ!

部屋に戻るか戻らないかくらいで
麻酔が切れ始めたか、もしくは子宮収縮のソレか
とにかく痛みが徐々にジワジワジワ~と襲ってきたのでありまつ (つд⊂) エーン

まぁ個室まで運ばれるストレッチャーの上で
院内の天井を眺めながら、『まるで「救命病棟24時」みたい』なぁんて
ぼんやり考えるくらいの余裕は、そのときはまだあったけどw

そんな人の気も知らないで、義母と実父母はわいのわいの騒ぐだけ騒いで
昼過ぎに揃ってサバサバとジェイに送られてはけてきやがった。くそぅ。

とうとう耐え切れずに座薬を入れてもらうも、2時間経っても辛さは増すばかり。
加えて子宮を戻す作用も含まれてるらしぃ点滴も始まったからより一層地獄に。
その旨訴え、筋肉注射をしてもらい、ようやく少し動きやすくなる。

血液が変に固まらないように、これは頼んでないが、皮下注射も打たれる。
抱き枕も貸してもらって、どんどんラクになってゆく。

いや。それでも十分辛いんだけど、フェイのときに比べれば
至れり尽くせりと言っていいほどの快適さだったりもスル。

一旦戻っていた既に親ばかぶりを発揮しているジェイも18時過ぎには退散。
今夜からずっと母子同室かぁ・・・タイヘン

・・・ってまだ柵で囲まれて自分で動けもしないのに無理じゃね?

  1. :出産日記
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

7月28日-入院

家のことはそれなりに済ませ、昼食もガストで済ませ
TVを眺め寛いだあと、時間まで小一時間ほどの仮眠をし
14:40頃にジェイ&フェイとクルマで病院へ。

入院受付で各種書類を提出したら
迎えに来てくれた助産師さんと一緒に産科病棟へ移動し
血圧測定→胎児の心電図計測を受けながら
入院やら手術やら退院までの説明に耳を傾ける。
(ほとんどが特に麻酔の説明。有り難いけどw)

どうやら帝王切開でも大部屋は選べたらしぃ。
ただ開腹なだけに術後は辛いからね。
2度目でそれが如何ほどかも知ってるし。

前半だけでも個室にしようかと思ったのはいいけど
さらに15,750円/日の部屋と10,500円/日の部屋が選択可能らしく
その違いはトイレと電話と冷蔵庫の有無。

電話と冷蔵庫は明らかどうでもよくて、悩んだのはトイレ。

ちゅーても手術直後は尿管通してるし
その翌日に管が外れて、自力でトイレに行かなくちゃならなくなっても
どっちみち血栓防止の為にこまめに動かないといけないから
まぁナースステーション先まで数メートル歩くのもいいんじゃなかと
約5,000円/日でも節約になればそれだけでも非常に助かるし
・・・と結局、安いほうの個室にしてみた。

術前のいまんとこ、そんでも十分快適w

今晩21時~7/30の夕食までは絶飲食。
ガスが出なければ、それすらもどうなることやら。
この時期、食事はともかく飲料が摂れないのはキツイんだよなぁ。
フェイの出産時も3日間ガスが出なくて、ずっと氷で唇を湿らす程度だったから。

シャワー可になるのが問題なければ8/1
退院も問題がなければ8/5の予定。
・・・長げぇな・・・

手術は明朝9:40~だってさ。
怖いな。怖いよ。
執刀も外来で担当してくれてた先生だっつーから
シニカルだし術後も延々と何か皮肉られそうでちょっと憂鬱。

眠れるかな。
眠れないほうが麻酔が効きそうでいいかもな。

  1. :出産日記
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

母はズタボロにつき

産んだ直後からそんな傾向にはあったものの
ここ数日でとみに身体全体へガタがきてる。

傷や子宮の攣れはもちろん
幸い、まだ乳腺炎とかではないけど、乳は熱を持ってジンジン
吸われたら吸われたで先端がヒリヒリ
都合により、連日、床かソファで寝てるから腰もギシギシ
いっそ死んだほうがマシなくらい。

先週の土曜からいいのか悪いのかジェイがお盆休みで9連休中(途中、1回だけ夜勤は有)。
その間は、ほどんど全部の家事をやってもらったりで、だいぶ助けてもらってもらってるけど
それもじきに終わっちゃうから、そのあとがぶっちゃけ不安。つうか憂鬱。

育児自体はそんなに辛くない。
身体の早期回復が望まれるばかり。

  1. :出産日記
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

産んではみたものの

先月28日に入院して、翌29日の午前中に帝王切開術で出産
約9日間の入院期間を経て、昨日8月5日に退院し、出生届を提出。

こうして次男坊は無事に日本国民の1人としてカウントされた訳で
ここまで来る過程-出産から退院までの病院生活-も
個人的記録として残してはおきたい気持ちはヤマヤマなのだけれど
2人目だからとか、術後も生活も変に高をくくってて大失敗っすよ。

とんでもなく内部が引き攣れて痛み、いまだに痛み止めで誤魔化しつつも
人並みに生活を送るのがとってもとっても困難なんですもん。

ちゅーても、実際にジェイは仕事だし、フェイは夏休みで家にいるし
だのに実家の援助はなく、義母に頼る気にはなれず
泣いて寝るだけの赤ん坊を抱え、それなりに動かなければならないのだども
色んな出来事が辛くて、これをどうやって乗り切っていこうか
いや、いけるのかが最大の課題であり、不安要素であり・・・

個人差はあれど、やっぱり腹切りはキツイっす。

アタシより1週間ほど先に帝王切開で2人目を産んだ従兄弟のお嫁さんも
アタシなんかより一回り以上若いんすけど、いまだ痛みに耐え切れず寝てるらしぃ。
そこん家は上の子もまだ2歳くらいだから、いっそう大変だ~。

ま、落ち着いたらいずれまたUPするかも。
でも、出来ないまま終わるかも。わからん。

とりあえずは何かをする気力も食欲もなく
PCもメールチェックで精一杯だと思われ。
(入院で1週間以上放置してたから昨日も500通以上のメールチェックで終わったw)

しばし皆様、さようなら。。。

  1. :出産日記
  2. :トラックバック0
  3. :コメント0
  4. :このページのトップへ

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。