ola[生きる]/la[太陽]/au[私]/laua[彼ら]/ua[雨]/alo[分かち合う]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. :スポンサー広告
  2. :このページのトップへ

【only one】OPEN

ついに、青山航士さんのOFFICIALサイトがっ!

カンド~ ( T-T) ウルウル

また生きる楽しみが増えた。
スポンサーサイト
  1. :コージクン
  2. :トラックバック1
  3. :コメント4
  4. :このページのトップへ

SURE THING, BABY

渋谷まで行く道すがら、っちゅーか某私鉄の車中で
となりに座った女性が、延々と20分もフルメイクしてやがり
その臭いで、かなり気持ち悪くなった。

羞恥心がないとか云々より、明らかに弊害がある。
つわり中の妊婦とかだったら、一発だろう。

心当たりのあるチミは、即止めたほーがいい。

ちょいブルー気味になりながらも
相変わらず妖精のようなべありーと対面し
なんとか回復、腹も減ったのでランチっ!

前回、渋谷でランチしたときに利用した
〔パンコントマテ〕の極太パスタは、2人の口に合わなかったんで
「そこだけは避けよう」との意見の一致で
でも、また〔ドナ〕でパスタw こちらも可も不可もなくww

んで、本日の本来の目的、『ボーイ・フロム・オズ』再演の観賞。
いっくら以前に観てるからって、前回より悪い席でなくっても orz

・・・とは言っても
やっぱこの作品の人気ってのは、再演されるだけあるなと。
キャストのアドリブ性が高くて、しかもそれがチグハグじゃない。
場数踏めば踏むだけ、その味わいが増してくるってのかな。

客席と一体化した進行も、本当にイイ感じなんすYO!

本日は、祝日だったせいかな?
小学生とおぼしき子供を連れた母親の姿も、チラホラ見られ
幅広い年齢層に愛される作品なんだなぁと実感っす。

今回は、かなり見入ってたので
詳細で緻密なレビューと
青山さんのダンス(贔屓目を差し引いてもエクセレント!)については
またまた、あゆあゆさんの『路上の石』にお任せするとしてw

個人的に、ざっと思ったことを書き留めておこう。うん。

坂本くん演じるピーターは
もう彼以外のキャストは考えられないくらいハマってきてた。
昨年の公演より、ずっとずっと通る声で歌い上げ
ダンスにもキレが出て、演技も然ることながらアドリブが冴えまくる。

紫吹さん演じる「神経質になると髪を触る」ライザも
大スターとしてのライザ・ミネリではなく
一人の女性としてのライザが良く表現されていて好感。

鳳さんのジュディのクセのある雰囲気
団さんの各役の演じ分け、今さんのユモーア溢れる動き
IZAMさんのピュアな熱演、アンサンブルの華麗なダンス
あんなにまで客席を魅了したのは、坂本くんだけの力量じゃないよね。

あのキャストが、絶妙なコンビネーションで作り上げるハーモニーが
お世辞なしに、ホント素晴らしかったんだと思う。

別れを切り出したライザに、ピーターが手を添えて叩かれるシーンで
両腕をいっぺんに(まるで手錠をかけられたかのように)
持ち上げられた紫吹さんは、素で照れ笑いしてたのがツボw

それにしても、ラストにはマジ感動。
連日のスタンディングオベーションは、当然といえよう。

ハッピーな手拍子(by あゆあゆさん)を残聴に、青山劇場を後にして
「やっぱりミュージカルっていいな」と再実感。

クリスマスクルーズは我が家には高額な上、キャンセル待ちだっつーし
次回は3月の『TOMMY』に向けて、パワーを蓄えますか。

べありーとは、その後も2時間ほどカラオケして
色んなモノを、喉やら心やら毛穴から発散してから
すっきりとバイバイキン ヾ(* ̄▽ ̄*)Byeヾ(* ̄▽ ̄*)Bye

帰りの某私鉄が、人身事故だとかで乗れなかったので
JRにして、若干の手間と時間はかかったけれど
またしても素敵な休日が過ごせて、余は満足ぢゃ ヽ(∩。∩゛ヽ)


Today's MUSIC↓
【Aポイント付】ピーター・アレン Peter Allen / Boy From Down Under: The Very Best Of (CD)
『Boy From Down Under/Peter Allen』1,990円(税別・送料別)
by あめりかん・ぱい

7曲目『I Go to Rio』
  1. :コージクン
  2. :トラックバック0
  3. :コメント2
  4. :このページのトップへ

タイタニックはなかったけれど

アオヤマニアには、もうすっかりお馴染みの神崎順さんのサイト
『Jewel』で、いま、青山航士さんネタをたっぷり収集するコトが可能。

まず日記から、最近一緒に韓国へ行かれた様子が伺えます。
出発時の写真も拝見出来ますよ!
神崎さんはかなりの韓国リピーターらしぃので
初韓国だという青山さんも、存分に滞在を楽しめたハズw

それと『テネシーワルツ』の舞台写真がUP。
もちろん神崎さんがメインなのですが、やっぱり青山さんの姿も♪

そして、クリスマスシーズンにワンナイトクルーズがあるそうで
そこにも青山さんの出演情報が確認出来ました!!!

詳細は『Jewel』にて確認頂きたいんですが
どうやら豪華客船で1泊しつつ、特別コースメニューを堪能しながら
クリスマスレビューショー等を楽しむイベントのようで
参加出来れば、それは一生忘れられない聖夜になること間違いナシ!

・・・・・・なんですが
いちばんお安いクラスでも、1室2名利用でひとり39,000円って
痛い・・・貧乏人には、痛すぎる・・・
でもでもっ!ちょっとだけ、検討してみちゃったりスル・・・かも・・・

余裕がある方は、船上で逢いましょうっ ヽ( ´∀`)ノ゚・*:。。:*・゜
・・・むろん、アテクシが参加出来ればの話ですが・・・
  1. :コージクン
  2. :トラックバック0
  3. :コメント2
  4. :このページのトップへ

テネシーワルツin町田

今朝、しっかりとフェイを園に預け
しばし休息を取って、体調を整えた後
電車に乗って、町田へ向かいました。

そう!
『テネシー・ワルツ~江利チエミ物語』の再演を観賞しに。

仕事を早退してやって来る、最愛のべありーと
16時に現地で待合わせをし、その足で町田市民ホールへ。

20060824001349.jpg

都内に出るのと、そう変わらない時間で行け
ホールの大きさも、今回の公演中ではこじんまりとしているほうで
なんてったって、チケットが破格の4,500円ですからっw

そのチケットなんですけどね
神崎順さんの『Web Site★Jewel』から
べありーに取ってもらってて、現地引渡しだったんですね。
だもんで、席とか全然知らなくて・・・とはいっても
発売から少し経ってから、お願いしたから
そんなに過剰な期待はしてなかったんですけど
でもっ!受け取ってビックリ!
前から2列目だったよ~~~っ!!!

もぅっ!JunJunサマに可能な限り、付いてゆきますっ!

そしてですね、アプルのときよりもご年配の方々が目立つ会場で
我々の前、つまり1列目にさらにウワテな女性がいらっしゃいますた。

勇気がいるけど、間違ったらとんでもないけど
絶対に見覚えがあるんだもの!いちかばちか声かけてしまえっ!

「あの間違えてたらごめんなさい・・・あゆあゆさん?」
「はい」

やたーっ♪BINGOです!
伊勢丹イベントのときもスグ後ろにいらっしゃって
「美しい人だなぁ」と思っていたものの、そのときは彼女だとは知らず
後に、へーまさん『platea』で、前後で並んでいたと発覚 (^_^;)

不躾にお声をかけたというのに、快くお話して下さったあゆあゆさん。
本当にありがとうございましたっ!

彼女はこの再演、明治座に続いて3回目の観賞で
さらに彩の国さいたま芸術劇場へも行くというのですから
そのバイタリティと、青山さんへの溢れる愛には脱帽です。
愛だけならアタシとべありーも、負けないつもりではいますがw

勝手にリンク貼らせて頂きます(もち明日にでも報告に伺います)
あゆあゆさんの『路上の石』。
こちらを読めば、青山さんの舞台が余すことなく堪能出来ますので
みなさまゼヒゼヒ!(ウチなんか、読んでる場合ぢゃないっすYO!)

さて、再演。
「再演ってどうかなぁ?」と思う気持ちも、正直あったんですが
この作品はもう一度観たかったので、素直に嬉しかったデス。

島田歌穂さんが素晴らしいんだもの!
声のトーン、表情、仕草、どれをとっても
この世界で生きるべく人間のオーラとでもいいましょうか?
今日なぞ、虹色のオーラが見えたくらいで。
ホントよ!ホント!!!

美空ひばりさん役が、久野綾希子さんから剣幸さんに代わられましたが
あとのキャストもそのまんまで、さらに役になりきっているなぁと。

ダンスの量は残念なのですが、間違いなく減った印象です。
ストーリー自体に大きな変化はありませんので
何が原因かといえば、流れ的なモノでしょうか?
今回はどちらかといえば、歌のほうに重点が置かれていたような
そんな気がしました。

それでも
<お祭りマンボ>では、ハッピで神輿を担ぎながら粋に
<スウィート・アンド・ジェントル>では、シフォンブラウスで優雅に
<ショウほどすてきな商売はない>では、ピエロに扮してコミカルに
<エル・クンバンチェロ>では、あのピタパン姿で力強く踊っている
青山航士さんのダンスはもちろん、衣装やメイクそしてその汗までも
クッキリと見ることが出来て、席が良かったのもあるんですが
「レーシックして良かった」と、はじめて心から思ったとゆーw

だって、冒頭で「青山さん、神崎さんがメイクした???」と
べありーと話してたんですけど、帰宅して何気なく
神崎さんのダイアリーを拝見すると、これまたBINGOなんですものw

あとは、その神崎さんの陶器のような肌に見惚れたり
松本晋一さん・加藤忠さんのタップに足でリズムを取ったり
剣幸さんと一緒に<真っ赤な太陽>を口ずさんだり
<エル・クンバンチェロ>、立ち上がって一緒に踊りたかったくらい。

素晴らしい作品は何度観てもいいし、思い出は色褪せない。
天国の江利チエミさん・美空ひばりさん・清川虹子さんと
このミュージカルのキャスト・スタッフ全員に感謝したいです。

これでまた当分、生きていけそうです。
<元気玉>、しかと受け取ったり!!!


本日のBGM↓
チエミのラテン・ポップス・ベスト
『チエミのラテン・ポップス・ベスト』2,857円(税別・送料別)
by 楽天ブックス

11曲目『エル・クンバンチェロ』
  1. :コージクン
  2. :トラックバック0
  3. :コメント3
  4. :このページのトップへ

あなたはいま

録画はしていながら、全然『おどろんぱプラス』が観られない。
それなりに多忙ってのもあるけど、フェイが戦隊モノでTVを占領してる
・・・ってのが、最大の要因だ~いっ o(`ω´*)o

ちゃんとヒマをみつけては、こっそりだけど覗きに行ってんのにね
かのかさんとこへーまさんとこみんちゃんとこJunJunさんとこ

『テネシーワルツ』再演チケットだって、べありーに取ってもらったし
『ボーイ・フロム・オズ』再演だって、出演未定だけどチェックして。

それにしたって最近、なんだか物足りないよね。
情報が少ないよね。

<オフィスキクチ>に掲載されてた名前が消えたのは何で?

中村元紀さんのブログで、ダーツ大会に参加してたのを知った。

なんかワイルドになってないか?

今年はもう「おどろんぱ」イベントは期待出来ないのかなぁ。
青山航士くんファンのみなさん、署名でもしますか???
  1. :コージクン
  2. :トラックバック0
  3. :コメント4
  4. :このページのトップへ

プロフィール

chaay

Author:chaay
ヲット=ジェイには[鬼嫁]
ムスコ=フェイには[放置母]
世間的には[???]

ココロもカラダも弱点で
メンヘル歴15年超の
寒暖差激しい生命体♀

働いたり働かなかったり
現在はムスコ2号=ニュイの育児で
すっかりちゃっかり休業中w

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。